横浜 妙深寺での抗菌施工

人びとの集まる場所を守ること。
先日、第三波の襲来を前に、横浜のお寺・妙深寺の除菌と抗菌施工を行いました。

複雑な施設でも徹底的に除菌を施し、その後で可視光応答型酸化チタン光触媒コーティング剤による抗菌施工を行います。
多くの人が集まる施設では、施設側の責任として最大限の努力をする必要があります。特に、お寺にはリスクの高い高齢者の方々も多く、抗菌施工をすることにより参詣者の皆さまにこれ以上ないほど安心していただけるはずです。

新型コロナウイルスの第三波が襲来しています。しかし、ただ恐れていても仕方がありません。

日本防疫技術協会では、「具体的にできる対策がある」ことをお伝えしています。
これからも、人びとの集まる場所が、安全に、活発に活動していただけるように、お守りしてゆきたいと思います。

この記事をシェアする
ブログトップ
TOP