チームユニゾンによる実践的な防疫技術研修が行われました

JBTA参画企業であり防染技術の最先端を担う株式会社ユニゾンによる、実践的防疫技術研修会が行われました。

研修参加者にコンサート運営スタッフや清掃業の経験者などが集まり、新たな技術の習得を目指して緊張感ある研修となりました。

コロナウイルス感染者数が軽減している実況で様々な規制が緩和して来たり、それと同時に新たな試みが進んできている中で、「防疫技術の取得」は今後のビジネスシーンで大きな需要を創り出すものだと考えます。

今までの仕事➕防染技術といった形がこの先に求められるスタンダードとなるにあたり、JBTAが担う役割をしっかりと努めて行きたいと思います。

大竹・溝口両代表による防疫技術研修の様子
様々な業種へ最先端の防疫技術を拡げて行く事でウイルスの感染リスクから守って行きたいと願います
参加者の真剣な姿勢から現場の緊張感が伝わります
この記事をシェアする
ブログトップ
TOP