足元の防染が必需になる時代です。

建物や店内などへの入店に際し足元の防染が必需になってまいりました。

ウイルスを店内に持ち込まない防染対策の基本は足裏の防染から始まります。

飛沫で飛んだウイルスが最も付着しやすい部分は腰から下の衣服や床に落ちた状態になります。

その床に落ちたウイルスが足裏に付着して建物や店内に持ち込まれて更に空間を舞う状態になることを確実に防染することは今後の防染対策に基本と言えると思います。

JTBAで推奨している「防染マット」は特殊な吸収性のあるマットを使用し、JTBA専用の消毒液を染み込ませる事で足裏に付着したウイルス・菌類などを瞬時に不活性化する事が可能となります。

これからの季節、気温が下がり空気が乾燥してくるとウイルスの飛散が活性化して来ますので、今の時期からJTBA推奨防染マットを建物や店舗の玄関に設置していただき、建物内や店内にウイルスが持ち込まれない様に確実な防染を行っていただきたいと思います。

都内ホットスタジオの店舗入り口に設置された防染マット

この記事をシェアする
ブログトップ
TOP